英語添削アプリを使って、英会話を上達させる方法

 

英語の添削をアプリやスマホでやれる時代

 東京オリンピックを1年後に控えて、来日観光客もますます増えていくのに対して、受け入れる日本人である我々は、何を準備したらよいのでしょう?

 

そうです、やはり英会話上達ですかね。

英語がうまくなれば日本人のおもてなしの精神も発揮できますからね。

 

そこで、今日は英会話上達に欠かせない、英語添削してくれるアプリというか、スマホのサイトを紹介したいと思います。

 

それは、スマホ時代の本格的英語学習サービスで◆『HiNative Trek』◆と言います。

“公式サイト”はこちら
添削で真の英会話上達の方法がわかる
 

 

英語が身につかないのはアウトプットが足りないから。 HiNative Trekは日本人に足りない英語のアウトプットを学ぶことが出来る、新時代の英語学習サービスです。 利用は、ブラウザからでもアプリからでも可能です。

 

利用の流れは以下の通りです。

 

1、平日毎日課題が届きます。

2、英作文と発音を投稿。

3、すぐに模範解答が音声つきで確認可能。

4、13時までに投稿された課題はその日のうちにネイティブの英語先生が音声つきで添削してくれる。

5、質問があれば3往復まで追加で質問可能。

6、データとして残るので復習しやすい。

 

◆ユーザー◆

辞書を使えば英語は読めるけど、いざ話そうとすると言葉が出てこない方。

英会話教室に通うのは面倒だけど、Skype英会話と違ってアメリカ人の先生に教えてほしい方。

英語添削をアプリ感覚で取組みたい方

空き時間を効率的に使いたい方。

実際に仕事で英語を使えるようになりたい方。

 

◆おススメの理由◆

英語がいつまで経っても出来ないのはアウトプットが足りないから。

予約必要なし

非同期でやりとりできるため、時間効率が良い。

いつでもどこでも出来る

その日出来なかった分も後でまとめて提出できるのでお得。

1日あたり約490円コーヒー一杯の価格

アメリカ人の先生。

テキストと音声がデータとして残るので復習しやすい。

マーク・ザッカーバーグやアメリカの副大統領の同時通訳を担当した関谷さんが教材を監修

一般的なビジネスコースとITコースがある。

これだけ手軽な価格で学べるとは、驚きます。

“公式サイト”はこちら
添削で真の英会話上達の方法がわかる
 

 

 

特定商取引法の表記